これってどういう事?収支保証について

黒字化までの運営を本部が行ってくれる

サラリーマンなどが憧れるのが独立です。自分でビジネスができたら自由に仕事ができますし、収入ももっと増やせるかもしれません。しかしノウハウのない業界で行おうとすると不安もあります。この時に利用するのがフランチャイズで、特に収支保証のあるビジネスへの参加があります。応募をして認められると、ある店舗のオーナーとして独立ができます。自己資金や本社からの借り入れなどを利用して開業し、運営を開始します。ただノウハウが無ければ最初は赤字です。そこでこの赤字補てんを本部が行ってくれます。さらに黒字化までの運営を本部が代行してくれます。もちろんオーナーも現場で運営を学び、黒字化した後は自分で運営をしていきます。資金不安やノウハウ不足の不安はありません。

売上が無ければ得だが売り上げが多いと損

賃貸物件の運営で家賃保証と呼ばれる運営方法があります。オーナーは物件を保有するだけで後は業者に任せます。入居率に関係なく毎月の賃料が決められているので一定の利益が得られます。入居率が低ければ得ですが、入居率が高ければ損になるかもしれません。フランチャイズビジネスにおいて、運営の時に収支保証が受けられるケースがあります。初心者が行うときには選択するでしょうが、賃貸ビジネスの家賃保証に似ているタイプがあります。運営において本社の判断が強い状態で進められますが、一定の収入が保証されます。売上があまりない時でも収入があるのでその時は得です。売上が上がってくると、保証された収入どまりになるので損になるときもあります。

© Copyright Starting Franchise. All Rights Reserved.