こんなのも?フランチャイズはこんなのもある

メリットの高さゆえさまざまな業界で導入が進む

コンビニやスーパーなど、いわゆるチェーン店と呼ばれるお店は全国にたくさんあります。小売業では他にドラッグストアや100円均一ショップなどがおなじみですが、居酒屋やラーメン店などの飲食業、クリーニング店などのサービス業等、業態は多岐にわたります。
こうしたチェーン店はそれぞれの企業がお店を直接運営している場合もありますが、多くはフランチャイズ方式によって運営されています。つまり個々のお店にはオーナーがいて、それぞれ独立して経営に携わりながら全体として店舗グループを構成しているわけです。
オーナーから見た場合、フランチャイズ方式による開業はそのチェーンの知名度による集客効果が望める、店舗経営に関するさまざまなサポートが受けられるといったメリットがあります。

意外なあのお店もフランチャイズ

こうしたメリットの多さから、近年ではフランチャイズ制度を利用して新規開業を目指す人が増えてきています。また、フランチャイズを採用している業種の多様化がさらに進んでいることも、人気に拍車をかけています。
フランチャイズ制度が利用できる異色の分野としては、不動産業や買取専門店などがあります。前者は言うまでもなく住宅・土地等の賃貸借や売買を仲介する業種です。後者は、金券や貴金属、中古ブランド品などを買い取り、直接個人に転売したり、ディスカウントショップに卸したりする業種です。
こうした業種では、情報の収集が欠かせません。日々変動する価格相場、事故情報などを常に把握しておくことは、経営上とても重要です。フランチャイズであれば、店舗のネットワークを活用して得られた情報が運営本部を通じてフィードバックされるため、完全な独立経営のお店よりも情報量の面で優位に立てるという利点があります。

© Copyright Starting Franchise. All Rights Reserved.