巷でよく聞く!?フランチャイズとは

独立開業のリスクを減らす

独立して自分の店を持ちたいが、経営をうまく機能に乗せられるかどうか不安、そんな人にとって有効な選択肢となるのが、フランチャイズへの加盟です。
フランチャイズとは、小売店がチェーン展開を行う際の経営手法の1つです。特定の事業に関し、運営本部が直接お店を運営するのではなく、各店舗のオーナーと加盟店契約を取り交わすことで出店します。各加盟店は売上の中から一定のロイヤリティを支払う見返りに、本部からさまざまな経営上のサポートを受けます。サポートは商品の仕入れから営業のノウハウ、従業員教育まで多岐にわたります。中には売上が一定の水準に満たない時は、人件費や店舗維持費等の支払いに対する金銭的な保証を行うといったサポートを提供しているところもあります。

本部のサポートで安心経営

オーナーから見た場合のフランチャイズ方式の最大のメリットは、何と言っても店舗経営に役立つ情報が豊富に提供される点にあります。
フランチャイズ方式を採用している店舗はコンビニからラーメン店、不動産屋に至るまで多種多様ですが、たとえば近年人気を集めている買取専門店などは、情報提供のメリットが特に強く意識されます。
買取専門店とは貴金属や骨とう品、中古家具・家電などを客から買い取り、転売することで利益を上げる業態ですが、持ち込まれた商品を適正に査定するには、まず該当商品の相場を知っておかなければなりません。その上で、商品の真贋やコンディションなどを正しく見分ける鑑定眼も必要です。
こうした知識や技能を独力で身につけるとなると、非常に手間がかかります。しかしフランチャイズであれば本部から提供される相場情報や査定マニュアル等を活用できるため、失敗のリスクを減らすことができるのです。

© Copyright Starting Franchise. All Rights Reserved.